製品情報

MSH_SBC

・kernel2.6.11.12対応
・Linuxを独自移植によりリリース
・USB2.0を4ポートサポート
・豊富なブート環境サポート
 

Linux組み込みシステム MSH_SBCの特徴

MSH_SBCは組み込みを前提にした安価・高性能・豊富な拡張性を備えたマザーボードタイプのプラットフォームです。

◆ Linux標準(ユーザプログラム搭載可能)
◆ ファームウェアにはダウンロード用のプログラムを内蔵
◆ モニタとLinux用IPLを標準で搭載
◆ フラッシュROMの内容をユーザが自由に書き換えが可能
◆ 付属のATAカードにより、Linuxカーネルを起動
◆ USBはVer2.0が4ch動作可能
◆ 豊富な拡張性
PCMCIA 1Slot 無線LAN・マイクロディスク等が使用可能
PCIバス 2Slot 市販アドインボード(5Vタイプ)が使用可能

※ MSH_SBCは開発段階の評価・制御・計測・監視など、幅広い用途に適用が可能です。
  当社では、皆様のご要望に応じたカスタマイズにも対応しております。

Linux組み込みシステム MSH_SBC 製品内容

1. MSH_SBC 7751R PCI マザーボード1set
2. コンパクトフラッシュカード1set
3. PCMCIA用コンパクトフラッシュ専用アダブタ1set
4. CD-ROM
   1. Linuxクロス開発環境
   2. SH4_Linux
   3. MSH_SBC仕様書
   4. マニュアル

Linux組み込みシステム MSH_SBC 仕様

● CPU   SH7751R 240MHz
● メモリ  フラッシュROM 8MByte SDRAM 64MByte(バスクロック 80MHz)
● USB2.0 4ch uPD720100A USB1.1/2.0
● Ethernet 1ch RTL 8139C 10/100Base-T
● PCMCIA 1Slot PCカード Standard97規格準拠
● PCI 2Slot PCI Ver2.1準拠 PCIバスロック33MHz
● シリアルポート 1ch
先頭へ戻る